2021/08/04

ブランド別実例高級ダウン 専用クリーニング

高級ダウン

こちらはデュベチカクリーニングの様子を見ていただきます。デュベチカクリーニングといって真っ先に思いつくのがカラーバリエーションの豊富さです。PROSHOP HIRAISHIYAではデュベチカクリーニングを年間ざっと2,000着近く受けております、まずもって色の豊富さは、モンクレールクリーニングやタトラスクリーニングやカナダグースクリーニングの中でもピカイチです。また、こちらのデュベチカは中がダウン素材で外が通常のポリエステル素材を使っており、一見ダウンではないような感じに見られがちですが、しっかり中はボリュームのあるダウンが使われております。こういった一見ダウンのように見えないダウンは昔から人気です。PROSHOP HIRAISHIYAでこういったデュベチカクリーニングのこういうタイプをクリーニングするときは、通常のダウンクリーニングくらべて気をつけないいけないところが何点かあります。それは例えば、中にダウンがありますので、こういったタイプは中の羽毛が縫い目から飛び出していることが多いんです。そのため、デュベチカクリーニングが仕上がったときはそういったところをチェックする必要があります。また、こちらのデュベチカクリーニングをしていて思ったのは、表面がダウンに見えない生地ですので、スッキリ見えます。ダウンの場合、ボリューム感が表面に出ているとましますが、こういったタイプはそういうボリューム感を抑えめにしてあると行った感じです。ダウンはどうしても中の羽毛が細いため、縫い目から出てきてしまうことが多々あるのですが、こういった裏にダウンが出ていて、表はそういった生地ではないタイプは比較的表面に羽毛が飛び出してくることが少ないです。こういうタイプは中から羽毛が飛び出してくるのが嫌な人が購入しがちなのかなと思っております。どうしても中の羽毛が飛び出して来るのが嫌だという方は一定数いらっしゃいます。そういった方はこういったタイプを買われるのかと思います。また、中から羽毛が表面に出てきても抜けばすぐに無くなるというのもこういったタイプのいい点だと思います。どうしても外側にダウンが出ているタイプは縫い目から出てきてしまいます。外側ダウンのいい点といえば、ボリューム感があるといった感じでしょうか。それではクリーニング屋さん目線でデュベチカクリーニングを見ていきましょう。デュベチカクリーニングの特徴といえばなんといってもカラーバリエーションの豊富さです。こちらのデュベチカクリーニングを行っていると、カラーバリエーションが豊富なので、シミが一見わかりづらいといった部分があります。ダウンのシミは色が濃ければ濃いほど、カラーバリエーションが豊富であれば豊富であるほど、わかりづらいです。そのため、一見みるとデュベチカクリーニングをする前にシミが無いように見えても、近場までくるとシミがあったなんてことはよくあります。特に色が濃いものは特に分かりづらいです。これが真っ黒や深いネイビーだとシミが同化してしまいわからないといったことあるのですが、濃いピンクや濃い緑などの色ですと、シミと同化しているが、よく見るとシミがあるなんてことがザラにあるんですね。こういった場合は行う作業員によっても見落としが起きたりしますし、いろいろなことが起こるんです。そのため、色によってよく注意してみていかないと大変なことになります。大変なこととは、シミがデュベチカクリーニングを終えた後に見つかってしまうと、再度1からデュベチカクリーニングをやり直さないといけないからです。こうなってしまうと、そこまでの苦労が水の泡になってしまうので、必死にデュベチカクリーニング刷る前の段階で、シミを見つけて対応していかなければなりません。これは個々の見え方にもよりますので、完璧には行かないことがあるんですね。これが機械で判別できるとかだったらこうは行かないのかもしれませんが、結局は人間がみて判断することになりますので、そういった部分をみていかないといけないんですね。そのため、デュベチカクリーニングを終えた後にシミがみつかるとがっかりしてしまいます。また、1からやり直しかとなってしまうんです。これがあまり染み抜きに力を入れていないところだと、またやりなすのが大変だからと、そのまま出してしまうところもあります。そのため、デュベチカクリーニングもそうですが、ダウンクリーニングは特に力をいれているクリーニング店がおすすめです。ダウンでない場合は後からシミが見つかってもその部分だけをしみ抜きして対応できたりしますが、ダウンの場合、中に羽毛がはいっているので、ちょっとしみ抜きしただけでもクリーニングを1からやりなおさないといけないんです。これがつらいのです。こんなことをいってはすいませんが、ダウンはそういった観点からも染み抜きやクリーニングが大変なのです。はじめにしっかりチェックして、シミの箇所をしみ抜きしてからしないと大変なことになります。また、たとえ、染み抜きしても後から浮き出てくるシミもあります。これが一番厄介です。そんなことあるかと思われるかもしれませんが、デュベチカクリーニングはじめその他、高級ダウンクリーニングでは特に起こりやすいです。デュベチカクリーニング前にはなかったシミがデュベチカクリーニング後に浮き出てきて、はじめになかった箇所にシミができるんです。これは信じられないかもしれませんが、現実にあります。そうした場合、デュベチカクリーニングした後に再度しみ抜きしてデュベチカクリーニングし直します。流石に私達はプロなので、デュベチカクリーニング前になかったシミが浮き出てきてそのまましょうがないから完成としますとは言えませんので、再度デュベチカクリーニングし直します。これはお客様にはわからない部分だと思いますが、現実にあるんです。そのため、こういったこともあるので、デュベチカクリーニングはじめ高級ダウンクリーニングは本当に予測がつきません。私達長年高級ダウンクリーニングをおこなっておりますが、未だに原因がわからないくらいなんです。だれか教えて下さい。これを説明するとそんなことあるわけないと言われるのが落ちですから、たとえ本当のことでも黙って染み抜きしておりますが、現実にはよくあります。こちらのグレーのデュベチカクリーニングのときには起こりにくいですが、これが白い生地等だとよくあります。そのため、いくらデュベチカクリーニング前にキレイにしみ抜きしてもデュベチカクリーニング後にそうなったりするので、最後まで安心できません。そのため気を付けて前処理してクリーニングしています。デュベチカクリーニングの素材は比較的その他の高級ダウンクリーニングのそれに比べて強度あるため、けっこう強めの洗剤や洗い方、乾燥の仕方等ができるので、汚れがついてきても様々な対応の仕方があります。そのため、たとえあちこちにシミがあっても強度があるため、落としやすい部類の高級ダウンに入ります。ダウンといっても各社それぞれに癖や特徴があるので、それをしっかり踏まえて行っていけば最適なクリーニングができるようになります。そのためには数多い経験が必要です。一社の経験では駄目です。こういったそれぞれのメーカーの癖がわからないとどういったことが起こるかというと、落とせるはずのシミが落とせないまま出してしまうといったことや洗い方を間違ってその素材を駄目にしてしまうと言ったこともあります。各メーカーの特徴を掴むというのは大切なことです。これをわからないとダウンの破損やシミや汚れ落としが不十分のまま出荷なんてこともよくあるのです。というのもよくあることです。その点、プロショップひらいしやでは年間デュベチカクリーニングを2千着以上おこなっているので、デュベチカの癖等がわかっていますので、対応可能です。大抵のお店は高級ダウンクリーニングをいやがる理由はこういった予測のつかないシミが出てきたり、生地の縫込みが弱いことにより、通常のクリーニングの仕方ではごく頻繁に破損してしまい、その賠償に追われて嫌になってきてしまうんです。そのため、段々とデュベチカクリーニングはじめ高級ダウンクリーニングに手を出さなくなっていきます。大手のクリーニング屋さんでも断るところが多いらしいです。これはこういった問題がよく起こるからです。そのため、逆を言うと、こういった難しい案件を数多く受けているところは難しいぎじゅつがあるということですから、安心して出せるということです。デュベチカクリーニングはじめ高級ダウンクリーニングができるということはその他の素材(コートやズボン、ジャケット等)もできるということです。PROSHOP HIRAISHIYAでは高級ダウンクリーニングだけでなく、革の染め替え、リペア、遠方から送られてくる特殊染み抜き依頼と様々な種類のクリーニングを請け負っておりますので、ダウンだけでは経験できないその他の素材等の特殊クリーニングを経験しているため、難しいものもお任せください。それでは長くなりましたがデュベチカクリーニングの様子を見ていきましょう。

クリーニング実例概要

1
こちらはデュベチカクリーニングする前の状態です。全体的にキレイな状態でデュベチカクリーニングしなくてもいいんじゃないかと思われるくらいですね。しかし、こういった場合も裏地には汗が沢山含まれていますので、デュベチカクリーニングしてなおキレイにしていければと思います。これがドライクリーニングですとほとんど汗や汚れが取れないで上がってきてしまいます。本来ならばメーカー指定のデュベチカクリーニング方法はドライクリーニングですが、この洗い方だと、一見キレイにみえますが、実は中の汗は95%は取れていないで上がってきています。これではデュベチカクリーニングした後でも嫌な匂いや汚れが出たり、後からシミ箇所が変色して出てきたりと様々な症状が出ることが考えられます。PROSHOP HIRAISHIYAではそういった症状を出さないためにデュベチカクリーニングをメーカー指定ではないウェットクリーニングで行います。メーカーは何度も着用して何年も着用することまでは考えていませんので、ドライクリーニングを指定していますが、一般常識的に考えれば、それはないので、何年も着用できるようにPROSHOP HIRAISHIYAではウェットクリーニングを選択しております。ヨーロッパと日本ではそのへんの考え方が少し違う場合もあります。
2
デュベチカクリーニングのウェットクリーニングが終わると撥水加工の液を全体に付けます。PROSHOP HIRAISHIYAの撥水は有機溶剤を使わない安心安全な水溶性の超撥水液を使用しておりますので、肌にも安全でなおかつ、効き目も一般の市販されているスプレーより何倍も撥水効果は高いです。その秘密は撥水液だけではなく乾燥の方法にもあります。PROSHOP HIRAISHIYAでは水溶性の撥水液を使っているのに加えて高熱60℃処理を行っておりますので、その液がガッチリ生地について、市販ではありえない効果を生むわけです。これがPROSHOP HIRAISHIYAオリジナルの超撥水加工です。また、その超撥水加工液は、全国の消防署認定の特殊液を使っているので、効き目も保証されております。このデュベチカクリーニングで行った衣類にも相性は抜群で、効き目がバッチリ効いていました。
3
デュベチカクリーニングの乾燥を終えた後は二重仕上げを行っていきます。二重仕上げとはダウン専用の仕上げ機で中から蒸して仕上げていくのと、その後は手アイロンで最終仕上げとなります。この二重仕上げによって中からと外からの仕上げとなります。中から蒸す意味は、中から蒸気を出して、中の羽毛を起こす意味で行うのと、中の生地のシワをとる役目があります。また、手アイロンは最終チェックの意味と外からシワを見て、シワがあればアイロン掛けを行っていく工程になります。どちらも必要不可欠な仕上げになります。手アイロンは細かな機械ではかけれない部分のシワをかけていくので、こちらのほうが大変ですが、どちらも大切ですね。
4
そしてデュベチカクリーニングのアイロンが仕上がった後は、更に最終二重チェックとして包装前の再検品があります。人間の目で行っておりますので、見落としは否めません。そのため、複数のスタッフの目で何重にもチェックして行うように心がけております。それでもダウンは見るところがたくさんありますので、検品も相当の時間がかかります。そのため、包装には仕上げで行わない第三者の目線で見れるように工場の作業を行う者ではない人にお願いしております。これでもミスがたまに起こるくらいですから難しいものです。こちらのデュベチカクリーニングの方は特に問題なく仕上がりました。このようにすべて人間の手作業になりますので、できる限り完璧に近い状態で出したいのですが、時には予想もしなかったことも起こります。その時は、その時で対応させていただいおります。とにかくPROSHOP HIRAISHIYAの扱う衣類は一般の衣類より何倍もするものばかりなので、人一倍神経は使います。それではまた次回をお楽しみにです。
ダウンのご注文 無料カウンセリング