2021/06/16

ブランド別実例高級ダウン 専用クリーニング

高級ダウン

今回は高級ダウンクリーニングの中からムーレークリーニングについて語っていきたいと思います。高級ダウンクリーニングといえば様々なメーカーがありますが、主にヨーロッパのメーカーがほとんどです。こちらムーレーはイタリアのブランドで、使っている生地も最高級レベルのものを使っており、第三者機関において証明されているものです。そのように高級ダウンクリーニングはどれもこういった第三者機関のお墨付きがついているものがほとんです。こういったものはとても繊細なため、高級ダウンクリーニングするときもとても気をつけて行わないといけません。高級ダウンクリーニングは様々なブランドがありますが、どれも繊細でデリケートなものが多いです。通常考えた場合は高い高級ダウンなんだから壊れにくいとお思いがちですが、じつはそうではなく逆にもろいことのほうが多いとPROSHOP HIRAISHIYAは50,000着以上の高級ダウンクリーニングしていて感じます。もろいとは具体的にどういったところかというと、高級ダウンクリーニングはぬいこみが浅かったり、生地が破れやすかったり、色が抜けやすかったりします。これの原因はずばり重さを意識して極限までかるい高級生地を使っていたり、最高級のものはデリケートなので、変色が起こりやすかったりします。そういった部分もありますが、高級ダウンクリーニングをしていると感じるのは肌さわりの良さだったり、軽さだったりデザイン性が独特でおしゃれだと感じます。高級ダウンクリーニングはじめこのムーレークリーニングもその一つです。一般に大量に売られているダウンとはまったく別物になります。PROSHOP HIRAISHIYAも数多くおこなっておりますが、違いは歴然だと高級ダウンクリーニングと一般のお安めのダウンクリーニングをしていて感じます。さわっただけで違いがわかってしまいます。それくらい高級ダウンとお安めのダウンの作りやデザイン性、重さ、機能性は違います。その点、お値段は高級ダウンのほうが何倍もしますが。これはPROSHOP HIRAISHIYAは高級ダウンクリーニングも行っておりますが、通常のダウンクリーニングも行っているために違いがわかります。これが高級ダウンクリーニングのみだと違いがわからず苦労する部分もあるのではないでしょうか?また、高級ダウンクリーニングは一般のクリーニング店では受けてくれないことが多いです。その最も多い原因はやはりデリケートなために、高級ダウンクリーニングをしていると事故が多く、対応しきれなくて高級ダウンクリーニングそもそもを受けないといったところが多いです。そういったお客様が当社に持ってくることが多く、ご相談を受ける回数が増えたため、PROSHOP HIRAISHIYAを全国対象にオープンしたという経緯があるくらい、周りのクリーニング店では受付しないという事みたいです。当社はそのため、そういった他のクリーニング屋さんがいやがる高級ダウンクリーニングをたくさん行ってきたので、経験と技術が他店様より多くあります。いま現在も福島県内でも距離にして100㎞以上離れた地から高級ダウンクリーニングを直接お持ちになる方が絶えません。それは当社の実績や経験を見込んでいただいているのかと思います。当社も最初からこういったムーレークリーニングはじめ高級ダウンクリーニングを完璧に行えていたワケではございません。色々な失敗やミスはありました。他のクリーニングさんもそうだと思いますが、失敗をしないとうまくなりません。その失敗を恐れてやらないのが他のクリーニングさんなんだと思います。実を言うとPROSHOP HIRAISHIYAも失敗はしたくてやるわけではないですし、やればお客様に怒られますしMでもございません。しかし、それをいやがって全国のクリーニング屋さんが受けなかったら、本当に大切にしている高級ダウンクリーニングはじめムーレークリーニングは何処に出せばいいんだという話じゃないです。それでは全国のお客様が困るだろうと思ってはじめたのがこのPROSHOP HIRAISHIYAの高級ダウンクリーニングサービスなんですね。そのため、数多くの失敗やお叱りを全国のお客様より受けてきましたが、すべて経験に変えて、そういった経験からミスを無くして、技術を磨かせていただき今にいたるということです。高級ダウンクリーニングはそのため、全国でも出来る所は極端に少ないです。まして、弁償となると高級ダウンクリーニングに対して、約10万から発生しますので、それは他のクリーニングさんもやりたくなくなるのはわからなくもないです。でもPROSHOP HIRAISHIYAは違います。どんどん出していただいて、どんどん技術を磨いて今以上の品質で出して日本で、世界でもトップの品質を目指しているのです。そのためには恐れてなどいられません。高級ダウンクリーニングをどんどん行い、たくさんのお客様に喜んでいただき、たくさんのお客様に感動いただき、たくさんのお客様にしかられて気づきをいただきしていきたいと思っております。高級ダウンクリーニングはじめムーレークリーニングはたくさんの魅力が詰まっています。難しいものをキレイに出来るというのはクリーニング屋さん冥利に尽きます。そのため、常に高級ダウンクリーニングやムーレークリーニングについては進化しています。昨日よりも今日がうまくなっているのがPROSHOP HIRAISHIYAです。そのため、焦って出す必要はございます。このムーレークリーニングも独特なもので、高級感がとても強いです。それは表の生地から漂っております。PROSHOP HIRAISHIYAも数多くの高級ダウンクリーニングを行ってきましたが、このムーレークリーニングはトップクラスに入るくらい高級感が強いです。高級ダウンクリーニングをしていても正直、これが高級ダウンかというものがたくさんあります。しかし、このムーレーはその名の通り高級ダウンと言わざる得ないくらいしっかり作られてた高級感を表に出しております。それは作られた隅々にあらわれています。たとえば、高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングをしていると素材の厚みや縫込み、生地のハリといった様々な部分がしっかり作られています。PROSHOP HIRAISHIYAでは年間7,000着以上のダウンをクリーニングしているので、わかるのですが、いくら高い高級ダウンでも作りがとても安っぽいものも知っていますし、逆にとても安いダウンなのに作りがイタリアの高級ブランド並にしっかりしているのも知っています。ここでは避けますが、そのため、PROSHOP HIRAISHIYAではみんな、このブランドは作りがしっかりしていないから買わないといったり、このブランドは安いのにしっかり作られているから自分で購入を考えるときはこれを買おうといったことをみんな知っています。特に高級ダウンクリーニングで起こりがちなのが縫込みが浅くて破れてしまうということが多いです。そのため、こういったものはおすすめできません。一回しかその高級ダウンを着用しないならわかりますが、そうではないと思いますので、長い目でしっかり作られているものがいいですよね。しかし、デザインが気に入っているので、デザイン重視という方はまた違うかもしれませんが、様々ありますので、一概には言えませんね。

クリーニング実例概要

1
それでは高級ダウンクリーニングの一つとしてムーレーダウンクリーニングの模様を見ていきましょう。こちらは高級ダウンクリーニング前のムーレーです。状態的には特にシミもなく汚れも無くと言った感じです。こう見るとシミがありますが、ダウンは高級ダウンクリーニングした後に、シミが浮き出てきたりするのが怖いところです。初めになかったのにシミが付いてきたという話がたまにありますが、それはこういった中の羽毛によるシミの浮き出てきたり、中の羽毛による乾燥の調整によってシミが出てきたりします。こういった部分がクリーニングでのトラブルにつながります。そのため、高級ダウンクリーニングやムーレークリーニングする前になかったのにシミがついてきたといった場合でも全責任がクリーニング屋さんにあるわけではなく、ダウンにも原因があるのです。そのため、少しのシミがあったりするとすぐにどうしてくるんだといったお客様もいらっしゃいますが、原因はいろいろな方面から見ていかないとわかりませんので、そのへんは冷静に対応していただければと思います。もちろん、PROSHOP HIRAISHIYAでもそういった場合は冷静にたいおうさせていただきます。もともとついていたシミを見逃していて、それがあたかもクリーニング前にはなかったと勘違いして出すお客様もたくさんいらっしゃるのでそのへんを鑑みながら状況判断することが大切です。なにはともあれ、再高級ダウンクリーニング(ムーレークリーニング)は無料で行いますので、その際はまずご相談ください。PROSHOP HIRAISHIYAも、高級ダウンクリーニング前の状態をしっかり把握するために、写真を撮っております。しかし、写真も限度がありますので、小さいシミ等は画像で捉えきれない場合もございます。
2
それでは高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングの洗い模様から見ていきましょう。こちらは前処理と言って、高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングをする前に部分的にしみぬきして行く作業になります。この高級ダウンクリーニングのムーレークリーニング前に作業を行わないで、そのまま高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングに入ってしまうと、よごれが完全には取り切れないで上がってきてしまいます。そのため、この高級ダウンクリーニング前の前処理はとても大事な事になります。具体的にどうしていくかというと、人間の目視で高級ダウンのムーレーダウンの状態を確認し、シミがあればその部分をピンポイントに落としていくというわけです。そのシミというのはあせだったり汚れだったり、インクのシミだったり様々ですが、そういったシミは高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングですべて落ちるとは限りません。そのために高級ダウンクリーニングのムーレークリーニング前に行って落としていくわけです。職人が検品するのはこれで2回目です。初めは検品時に細かくチェックし、その後にここで高級ダウンクリーニングする前にします。また、仕上げる時にもチェックし、包装する前にもチェックしと合計四回見ております。これだけ時間をかけるので手間は相当だと思います。たまに当社の高級ダウンクリーニングが高いとおっしゃる方がいますが、これだけ手間をかけているので、当社としては高くないと思っております。ほんらいならばもっといただかなければ行っていけませんが、そうもいかず今のお値段に落ち着いているというわけです。高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングもこのように細かくチェックして最高の状態でお渡しするために手間を惜しまず行っています。
3
高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングの乾燥もとても大事です。こちらはそのまま入れるとキズになりますので、一点ずつ保護してから乾燥に掛けて行きます。これをしないとファスナーや金属部分にキズが入ってしまったり、ファスナーが破損してしまったりしてしまうためにそれを防ぐ為に行っております。しかしそれでも破損してしまう事もまれにあります。これは寿命の問題なので、こうなってしまった場合はどうすることも出来ませんので、修理で対応いたします。寿命による破損はお客サマン負担になります。高級ダウンクリーニングのムーレークリーニングも負荷がまったくかからないかというとそうではないので、寿命でこわれかけていたものは高級ダウンクリーニングをすることをきっかけに破損することも十分考えられます。その場合、高級ダウンクリーニングする前に破損していなかったから弁償して欲しいや、そうなるならば何故一言言ってくれないのか?とかおっしゃるお客様がいらっしゃいますが、当社はそれは出来かねます。そうなるのは高級ダウンクリーニングをしてみないとわかりませんし、すでに寿命で壊れかけの物を当社で洗って破損した場合は、だれがどうやっても壊れる可能性は十分高いため、それらを弁償していたら当社も営業を行っていけません。常識の範囲内でしっかりそこは厳正に対応させて頂きます。プロだからキレイに、そして破損させないで行うのが当たりまえというお客様は特にそういった傾向にあると感じます。その場合は当社のご利用はお勧めしておりません。
4
そしてようやく完成したのがこちらの高級ダウンクリーニングのムーレークリーニング後の状態です。キレイに仕上がったと思います。しっかり高級ダウンクリーニングすればしっかり応えてくれるのがこの高級ダウンクリーニングです。こういった大事なムーレー等は経験豊富でアフターもしっかりしているお店でお任せするのがいいと思います。どんなクリーニング店でも完璧はありません。ミスだってします。そうなってしまった場合の対応をどうしてくれるかという面でもそのお店を判断することをオススメいたします。皆さんによりよい高級ダウンのムーレーライフをお過ごし頂きたいと思います。
ダウンのご注文 無料カウンセリング