業務用と家庭用アイロンの違い

2021.07.20

クリーニング店を営んでいるとよく耳にするのが、家庭用アイロンで衣類をかけたらテカってしまったというお話です。これには家庭用ならではの理由があるのです。それはどういったことかを深堀りしていき、さらにクリーニング店とのアイロンの大きな違いもお話していきます。

家庭用アイロン

家庭用アイロンは通称 電気アイロンと言われており、電気の力をつかって鉄板をあたためてアイロンする方法です。直ぐに熱くなってとても便利なのですが、その分、熱が高くなりがちです。

業務用アイロン

こちらの熱源は蒸気です。蒸気を詳しく説明すると、ボイラーという機械を使って沸騰した水を使って鉄板を温めています。

家庭と業務用アイロンの違い

家庭は電気であたためて業務用は蒸気であたためてとまるっきり違っているんですね。そのため、その熱から伝わる衣類に対しての温度や感覚も違ってきます。通常は電気の方はよく言われるのはテカリやすいということです。熱源が電気なので、直ぐにこげてしまうという部分があります。業務用だと熱が一瞬下がるので、テカリに起こりにくく、衣類に対してはやさしいアイロン方法になります。そのため、圧倒的に業務用のアイロンの方がかけやすく衣類にやさしくといい所だらけなのです。

蒸気の違い

業務用の蒸気の出方は家庭用と比べものにならないくらい強く出ます。これは熱源が蒸気なので、当然といえば当然です。直ぐに大量の蒸気を出せるので、衣類の小じわを一瞬に飛ばしてしまう力もありますし、蒸気が大量にだせるとアイロンの伸びも格段に良くなります。その点、家庭用のアイロンは蒸気はあまり出ないですし、出たとしてもほんの少しで小じわを伸ばすほどでも無いくらいの量です。

アイロンで困ったらプロにおまかせを

こういった観点もありますし、プロはそれを職業としていますので、アイロンの技術はとても優れております。少しのシワから、取れそうもないシワまでキレイにする技術を持っていますし、テカらないような技術も持っております。そのため、お困りの際はプロにおまかせするほうが何より安全ですし、キレイに仕上がります。

ぜひともご検討よろしくお願いいたします。