プリントされている素材について

News
2021.12.22


ノースフェイス製品で最近使われているロゴやその他文字を粘着式で付けられているタイプがあります。(下記画像参照)こういったタイプのものは接着液で付けられており、時間の経過と共にいずれ剥がれてきます。写真のものは当社で実際にあった状態のものです。赤で囲まれているところに本来はマークが合ったのですが、それが取れています。この原因は自然に時間の経過とともに粘着は弱ってきたことによる剥がれとなります。クリーニングの仕方によって防ぐ方法はないため、これは防ぎようがない現象です。一見、クリーニングで取れたように見えますが、そうではありません。クリーニング前にこういった状態になっていなくても、元々粘着が弱っていたことによって起こる現象です。そのため、こういった症状に関しては、あくまで自然現象のため、賠償の対象外とさせて頂いております。また、こういった症状ということでクリーニング前にご連絡は差し上げておりません。利用規約にも記入させて頂いておりますが、あくまでご了解いただいたと認識してクリーニングは進行させていただきます。ご理解とご了承のほどよろしくお願いいたします。

また、その他ノースフェイス製品でなくても(その他ブランド参考例写真あり)こういった粘着式のものはありまして、そちらも同じようにいずれ剥がれてきてしまいますのでご注意ください。

赤の部分は既に取れて、その他の部分も取れそうな状態


水沢ダウンの接着が剥がれた状態のもの



水沢ダウンの接着が剥がれた状態のもの

こういった水沢ダウンにもこういった症状になるものが多くあります。これらも樹脂で接着されているだけなので、いずれ取れてこのようになってしまいます。クリーニングでなるというわけではございません。これを知らないお客様が見ると、クリーニングでなったかのように思ってしまうと思いますが、そうではありませんので、そういった事を知っていただきたくこの内容を作成いたしました。お力になれず大変申し訳ございません。