水沢ダウンのクリーニングのすべて

2020.11.28

水沢ダウンクリーニングを初めて約10年になるPROSHOP HIRAISHIYAでは年間700着以上の水沢ダウンクリーニングを請け負っています。その経験から水沢ダウンクリーニングに関してこれから語っていきたいと思います。水沢ダウンクリーニングには特徴があり、その経験から過去にあった事例等たくさんありますので、それを行っていきたいと思います。水沢ダウンクリーニングの特徴というとなんといってもシームレスではないでしょうか?これは水沢ダウンクリーニングをしていれば皆さん知っていることだと思います。これは水沢ダウンクリーニングしている立場のクリーニング店からするとまず第一に乾燥に時間がかかるといった特徴があります。水沢ダウンクリーニングを数多くしていればこれは必ずあります。現在の水沢ダウンの製品はほぼシームレスといっても過言ではないのでしょうか。このシームレスの元のなる素材はポリウレタンというものです。これには少し大変なことがあり、これもあとから説明いたします。水沢ダウンクリーニングはとにかくクリーニングするのに大変です。水沢ダウンの特徴をよくしっていないと後から大変なことになったりしますので、ご自分で現れる方はこちらをよく呼んで水沢ダウンクリーニングに取り掛かっていただければと思います。水沢ダウンクリーニングはご自分でも洗えなくはないですが、取り返しがつかなくならないようだけお気をつけください。

水沢ダウンは東北の岩手県で作られているものです。機能性、デザイン性とどれをとっても素晴らしいものです。水沢ダウンの特徴としては、シームレスになっているものがおおくあります。こちらは機密性が高いため、保温に優れるので、寒い地域でも快適に過ごせるというのがいいところです。また、脇の下などにチャックが付いていて、寒い地域で急に熱くなったという時でもチャックをあけて温度調節ができるのがとても優れていると思います。水沢ダウンはなんといってもデザインがとてもいいですね。プロショップひらいしやでもたくさんの水沢ダウンクリーニングを行ってきましたが、色もカラフルで、全体的なフォルムがとても素敵なものだと感じています。それではその水沢ダウンですが、プロショップひらいしや目線で思った事、水沢ダウンクリーニングをしていて感じた事を述べていきたいと思います。

水沢ダウンはどんなところがすぐれている?

クリーニングや目線から水沢ダウンの良いところを上げて行きたいと思います。良いところはたくさんありますので、要チェックですよ!! プロショップひらいしやでは水沢ダウンクリーニング歴早7年になります。昔から受けておりますが、水沢ダウンには特徴があります。その辺を深掘りしていこうと思っています。

①デザイン性に優れている

これは、もう皆さんおわかりのように水沢ダウンはシームレスでかっこいいし、かわいいしで文句なしですね。特に遠くから見たフォルムが美しいです。体の線に合わせて作られているのでしょう。どちらかというと水沢ダウンを着るときはぴっちり着る方が多いし、そのように作られていると思います。

②機能性に優れている

水沢ダウンはこの写真では見えませんが、脇の下にチャックがついており、急に熱くなったときに通気性をよくすることも出来ますし、クリーニング屋さんにとってはありがたい、水の浸透性を上げる事が出来ます。真冬でも家の中やお店の中は熱いですから、その時にチャックがあって温度調節なんて出来たら嬉しいですよね。こういった機能は海外製ではないんですね。これは日本のウォシュレット文化があるように細やかな機能で嬉しいですね。まして、当社は東北ですから、同じ東北でそういった素晴らしい製品を作られている会社さんがあるのはこの上ない喜びです。

③保温性に優れている

水沢ダウンの特徴はシームレスです。こちらは通常のダウンは糸で縫われていますが、こちらは接着剤で粘されており、糸より中に空気が入らない密封性に優れています。そのため、人間の体内で作った暖かい温度を外へ逃がしにくいといった特徴があり、保温効果に優れています。また、体にフィットするように作られているので、内部に余計や隙間がないため、冷たい空気を内部で作らず、肌と生地が密着しているため、インナーを着ているような暖かさを感じれると思います。

水沢ダウンに対してどういう洗い方があるの?

水沢ダウンのクリーニング方法はクリーニング屋さんで様々です。当社は水沢ダウンクリーニングを行ってきて約7年を過ぎました。その間に、様々な水沢ダウンクリーニングを行ってきました。モンクレールクリーニングやカナダグースクリーニングを行ってもきましたので、その辺の海外のメーカーと日本の違いについても熟知していると思います。それでは、その違いをご説明いたします。この水沢ダウンクリーニングですが、これを間違って洗ってしまうと又は、間違ったお店選びをしてしまうと大変なことになるかもですよ!皆さん、お気をつけください。

水沢ダウンをドライクリーニング

こちらは皆さんもよくご存じのドライクリーニングです。ドライクリーニングは、国へ申請して許可をもらっている業者でないと使うことができません。液は溶剤といって、引火性があるため、危険なものです。まと、臭いが水と違い独特なものがあり、生地に残ったままいると耐えられない悪臭を発してしまいます。たまに、クリーニング屋さんへ出したあとに、石油臭い臭いが付いて返ってきたという経験はありませんか?それは、乾燥不十分による溶剤の残留が原因です。その場合はクリーニング屋さんに再度持っていくか、ご自宅で陰干しすれば自然に蒸発して取れると思います。こういった、悪いこともありますが、クリーニングする上では色々重宝します。その良いところとは、型崩れがしないで、生地を原型のまま維持しながら洗うことができるという点です。これは溶剤が水よりも軽い成分で出来ているため、生地に負荷をかけずに洗うことが出来るからなんですね。また、油を落とすのにすぐれていれます。例えば、ポテトチップを食べた手で生地にさわるとシミになると思いますが、そういうった油の汚れにはこのドライクリーニングが最高に効きます。もし油がついてしまったりしたらこちらを使うこともあるかもしれません。

水沢ダウンをウェットクリーニング

こちらは水沢ダウンの会社でもオススメしているように、皆さんも知っている水を使って洗うクリーニング方法です。こちらは水溶性の汚れを取るのに適しています。水はドライクリーニングに比べて数倍の洗浄力があり、汚れ落ちはピカ一です。では、その水溶性というのはどんなものか簡単に言うと、水で落ちる汚れのことです。上にかいた油は水では落ちませんので、油以外の付いたばかりの食べこぼしだったり、汗よごれだったりを落とすのに最適なのはこちらの水溶性に入ります。また、溶剤に比べ人体にも安全です。良いことばかりですね。しかし、洗浄力が強いため、型崩れがしやすかったりして、生地への負担はそれなりにあります。

PROSHOPHIRAISHIYAでは水沢ダウンをどうやって洗っているの?

洗い方は様々ありますが、ではPROSHOPHIRAISHIYAはどう洗っているのかということですね。どれが正解とかはないのですが、汚れに応じて変えたりすることが大切だったりしますね。プロショップひらいしやでは年間の水沢ダウンクリーニング取扱い数では日本でトップクラスですので、水沢ダウンクリーニングの酸いも甘いもしっています。中には、寿命が着て、ぼろぼろになってしまうケースもあります。そのため、当社独自のめせんで、水沢ダウンクリーニングの方法をお教えしたいと思います。

PRO SHOP HIRAISHIYAでの洗い方は基本ウェットクリーニングです

当社での水沢ダウンの洗い方はウェットクリーニングで行っております。こちらは上にもかいたとおり、水溶性の汚れを落としますので、汗よごれをキレイにします。また、油汚れは、水では落ちませんので、ファンデーションの汚れや油汚れは手で落としています。そのため、ドライクリーニングとウェットクリーニングそれぞれの良いところを生かしつつ、欠点もカバーして行っていますので、汚れ落ちは抜群にいいです。また、洗い方もソフトにしていますので、生地の型崩れを最小限に抑えることが出来ています。この洗い方は、あまり普段水沢ダウンを手に掛けないクリーニング店に出してしまうと色々問題が起こったりします。それは洗いが今一だったり、風合いが大きくかわってしまったり、生地への負荷が大きく、全体の色が薄くなったりしてしまいます。なので、クリーニング屋さん選びはとても重要です。過去に水沢ダウンをクリーニング屋さんへ出して、ボリュームがなくなって返ってきたり、汚れがそのままで返ってきたり、色が褪せたようになって返ってきたりしてしまいます。その原因はそのクリーニング屋さんによる経験不足に他ならないと思います。

水沢ダウンクリーニングの料金はいくら?

それではこの辺で、水沢ダウンクリーニングの料金について語っていきたいと思います。全国の宅配クリーニングで水沢ダウンクリーニングを取り扱うところの料金はピンキリです。プロショップひらいしやのシル限りでは、7,000円~30,000円までと幅広くあります。それでは他のクリーニング屋さんと当社を比較していきましょう。

水沢ダウンクリーニング料金が7,000円~10,000円

これが一般的な水沢ダウンクリーニングの料金だと思います。ここで気をつけて欲しいのが、往復送料がどんな風になっているかということです。全国の宅配クリーニングで水沢ダウンクリーニングを行っているところの料金は様々ですが、往復送料が含んでいたり、含んでいなかったり、片道送料がお客様負担だったり様々です。そのため、出来れば料金表等わかりやすい所に注文するのがオススメです。

プロショップひらいしやの水沢ダウンクリーニング料金は?

・7,500円です。(2020年12月27日現在)※コートタイプは変わります。

こちらには往復送料も含まれております。※関東・東北は往復送料無料

これはとても大きいんでは内でしょうか?結構、片道送料のみお客様負担だったり、水沢ダウンクリーニングの料金に往復送料が一切入っていなかったりしているところも多いようです。そのため、総額でお調べになることをオススメしております。プロショップひらいしやでは往復送料込みで送料無料なので、是非とも料金をお比べしてみて下さい。

水沢ダウンクリーニングの納期は?

水沢ダウンクリーニングをしてもらう上で、知りたいのは料金と納期だと思います。特に年末や冬などは早くやって欲しいですよね。この水沢ダウンクリーニングの納期も春夏秋冬によってかわってきます。その辺を見ていきましょう。

プロショップひらいしや目線での水沢ダウンクリーニングの納期

プロショップひらいしやでは以下のようになっております。その季節によって大きく水沢ダウンクリーニングの納期は変わってきます。高級ダウン全般に言える事ですが、1年の出す季節によって大きく変わってくるのが実情です。ずばりオススメは夏に出すことです。宅配クリーニングで頼むにせよ、実店舗へ出すにせよこの夏が水沢ダウンクリーニングを出すタイミングとしてはもっともオススメです。

●水沢ダウンクリーニングを春に出す

 (納期) 約一月半~二月

これは水沢ダウンクリーニングを春に出すというのはとても混み合っている中に出すということになります。この時期は当社もそうですが、一般のクリーニング店でも1年で一番込みあう時なので、水沢ダウンクリーニングもそれにもれずクリーニング店にとっては一番忙しいときに出ます。そのため、水沢ダウンクリーニングの納期はかかります。また、この時期がクリーニング屋さんにとっても宅配クリーニングにとっても紛失等が増える時期です。忙しいクリーニング店ならなおさら工場の中がヤマのように衣類が集まります。そのため、一般のクリーニングも受付している中に大事な水沢ダウンクリーニングを頼んだりするとそういった事も無きにしもあらずです。今は、宅配クリーニングはじめしっかり管理されているところが多いので、その心配はないと思いますが、大事を取るなら外した方がベストだと思います。

●水沢ダウンクリーニングを夏に出す

 (納期) 約一月半前後

これは水沢ダウンクリーニングを出す時期で最適な期間です。水沢ダウンクリーニングを出す際はクリーニング店が暇になる時期がもっとも狙い目です。特にダウンクリーニングを行うお店はこの時期がいいです。この時期はダウンクリーニングが出る時期としてはもっとも少ない時期になります。そのため、水沢ダウンクリーニングはじめ高級ダウンクリーニングもしっかり時間をかけてシミ汚れをおとして行う事が出来ます。勿論、水沢ダウンクリーニングの他にカナダグースの白化直しや水沢ダウンのリペア等がある場合もこちらがオススメです。そのため、プロショップひらいしやとしても水沢ダウンクリーニングを出す際はこちらがオススメです。この時期は納期も早いし、しっかり時間をかけてクリーニング出来るしでお客様にとってもお店にとってもゴールデンタイムといえるでしょう。

水沢ダウンクリーニングを秋に出す

(納期) 約一月半~二ヶ月

こちらは水沢ダウンクリーニングを秋に出すと言うことですが、ダウンクリーニングにとっても一般の衣類を取り扱うクリーニング店にしても1年で②番目に忙しい季節になります。そのため、水沢ダウンクリーニングはじめダウンクリーニングの納期もかかりますし、ゆっくり時間をかけてとういのが少し難しくなり始める時期です。そのため、夏に次いでオススメですが、基本、クリーニング屋さんの忙しい時、宅配クリーニングの忙しい時を外すのはお客さんにとってもクリーニング店にとってもオススメです。ではプロショップひらいしやではどのくらい期間がかかるのでしょうか?

水沢ダウンクリーニングを冬に出す

(納期) 約一月半前後

こちらも意外と忙しくなります。というのはこちらの季節はダウンを着るシーズン手前と言うことで、急ぐお客様が増えてきます。そのため、水沢ダウンクリーニングはじめダウンクリーニング専門店としては忙しくしかもお急ぎのお客様が増えるため、判断が少し鈍ることがあります。ということで、この時期は水沢ダウンクリーニングはじめダウンクリーニングや高級ダウンクリーニングを出す際はあまりクリーニング店に急がせないという事をオススメします。当社がそうなように、とてもお急ぎで頼まれる方が多く、納期のお問い合わせが大変多くなり、お問い合わせが多いと作業を中断して対応にあたらなければならなくなり、結果作業が遅くなると言う悪循環に陥りがちです。そのため、余裕をもって出されることをオススメします。また、水沢ダウンクリーニングの納期は事前に告知していると思いますので、自分の水沢ダウンがいつ出来るのか気になるところではあると思いますが、もし心配になっても問いあわせしなくて済むように余裕をもって水沢ダウンクリーニングを出していただけると幸いです。それが結果的にクリーニング屋さんにとってもお客様にとっても+になることだと思っています。

水沢ダウンの仕上げはどういう風に仕上げてますか?

水沢ダウンの仕上げはどんな感じで仕上げているか気になりますよね?これから紹介するのはhiraisiyaのやり方ですので、他のクリーニング屋さんがどうしているかは定かでありません。水沢ダウンクリーニングの仕上げは基本的に楽な方です。というのも形がしっかりしていて型崩れがしにくいため、アイロンがけも基本はあまりしなくていいのが実情です。クリーニング屋さんにとってはありがたい話なんです。

PRO SHOP HIRAISHIYAの水沢ダウンの仕上げ方法

PROSHOPHIRAISHIYAでは、ご覧の通りアイロンで全体を仕上げております。水沢ダウンは基本、アイロンもいらないくらい表面がしっかりしています。そのため、全体を整える程度で十分に水沢ダウンは仕上がります。しかし、プロショップひらいしやでは特に気をつけているのは、蒸気アイロンで水沢ダウンクリーニングの仕上げを行うときは、特に蒸気を出し過ぎないようにしております。これは中に蒸気が入ってしまうと、羽毛に水分が含まれてしまい、ボリュームダウンに繋がりかねないからです。そのため、ダウンクリーニングの基本の仕上げ方は、あまり蒸気をかけ過ぎず、浅く仕上げるというのが大事だと思います。プロショップひらいしやではボリュームとうい面にとてもこだわっておりますので、蒸気はそのボリュームを無くす可能性があるため、極力最小限で使うようにしております。

乾燥はどんな感じで行っていますか?

水沢ダウンのの乾燥は他のモンクレールやカナダグースと違って少し違う部分があります。それはどんなことかというと

PRO SHOP HIRAISHIYAの水沢ダウンの乾燥方法

水沢ダウンの乾燥には他と違う部分があります。それは乾燥時間がモンクレールやカナダグースより3倍かかるという点です。これには原因があり、それはシームレスのため、中に温度が浸透しづらくなっているためです。通常、モンクレールやカナダグースはシームレスではなく糸で縫われている製品が多いため、その糸の間から伝って温度が入っていきます。そのため、温度が中の羽毛に届きやすく乾燥もそれなりの時間で終了出来ます。しかし、水沢ダウンの場合、ほとんどがシームレスのため、熱が中の羽毛に入っていく行程で、シームレスの接着によってシャットアウトされてしまいます。そうすると、中の羽毛まで熱がいつまでも届かず、それがその分、乾燥時間を伸ばすといった形になっています。

水沢ダウンの心配なところ

水沢ダウンはデザインせいが優れていて、暖かくて欠点がないようにみえますが、実はまったくないわけではございません。それではここでどのような欠点あるか書いていきたいと思います。水沢ダウンを1000着以上行ってきた当社だから言えるところです。本当はマイナスの部分は書きたくありませんが、これも載せないと本当の情報ではなくなってしまいますので、載せていきます。

水沢ダウンの欠点 其の① ポリウレタン接着の剥がれ

水沢ダウンの特徴はシームレスです。これは以前当たり前にあった糸で縫っているタイプとちがい、ポリウレタン接着で糸の代わりにねばしているので、熱を逃さないで保温性が高いのがいいところですが、それが逆によくない面もあったりします。それはねばしている部分に使われているポリウレタンという素材は永久的に力を発揮することはなくいずれ効き目がなくなってしまいます。そのため、いずれそのねばしている部分は剥がれてきてしまいます。そうすると、今までダウンとダウンの隙間をねばしていたポリウレタンの効力がなくなり、ダウンがくっついてきていしまいます。この症状は必ず起こってきます。ポリウレタンを使っている製品は必ずこの症状が出ます。そのため、ご購入時にそれを覚悟して買わないといけません。

水沢ダウンの欠点 其の② ポリウレタン接着の剥がれ

こちらの全面にテープみたいな感じで粘っている青いテープ部分も上に書いたとおり、ポリウレタン接着でされています。そのため、こういった部分もいずれ剥がれてきてしまいます。これは寿命です。

ポリウレタン素材は製造よりおよそ3年で劣化する

そのため、水沢ダウンのクリーニング前になっていなかったといってもクリーニングがきっかけで取れてきてしまうということが多々あります。これはクリーニングが原因ではなくて、元々寿命が来ており、どこで洗ってもそうなる状態だったのがたまたまそのクリーニングでなったということです。そのため、一見そのクリーニング屋さんが悪く見えますが、これはだれが触ってもそうなる状態だったということです。そのため、こういったトラブルはとても多いです。お客様はクリーニング前になっていなかったとおっしゃいますが、当店としてはだれが触ってもそうなる状態だったということになりますので、責任を負うことは出来ません。そのため、PROSHOP HIRAISHIYAではそういったトラブルをさけるため、利用規約にポリウレタン素材について説明記入しております。本当ならば、ポリウレタン製品を出していただいた一人ひとりのお客様へ説明したいところですが、これをすると作業がまったく進まなくなってしまうため、利用規約に書かせていただいておりました。そのくらいポリウレタン製品の品物は多いです。こういった症状になってしまった場合は、当社としては一切弁償やクリーニング代をお返しするといったことはしておりません。とういのは、これはあくまで生地の寿命ですので、それを弁償していたらサービスを続けられなくなってしまいます。このようにこのポリウレタン素材に関しては全国でとてもトラブルが多いため、全国クリーニング組合でもマニュアルを作って対応しております。それくらい、このポリウレタン素材というのは問題が多いのです。

水沢ダウンについてしまったどんなシミも落とせます

PROSHOP HIRAISHIYAでは特殊しみ抜き依頼が年間1,000着以上あります。その中には水沢ダウンだけでなく、ワイシャツやスーツ、中にはバッグや靴までと様々な衣類のしみ抜きを請け負っております。そのため、どんなシミでも落とすという自信があります。水沢ダウンでよく起こりがちなシミとしては汗や汚れ等ですが、それは通常の水沢ダウンクリーニングで落ちる可能性が高いです。問題なのは、古いシミ、接着剤、血液、ボールペン等の特殊なシミです。これらは通常の水沢ダウンクリーニングではまず落ちません。そのため、そういった依頼が当社にたくさん来ます。

水沢ダウンの特殊シミぬきについて

特殊シミとは通常の水沢ダウンクリーニングでは落ちない特殊なシミのことをいい、それを落とすことを特殊しみ抜き依頼と当社は呼んでいます。そのため、お客様にはどうしても落としてほしいシミに関しては特殊しみ抜きをご選択頂いております。それではどういったシミが特殊シミでどういったシミが通常の水沢ダウンクリーニングで落ちるのかわけてご説明いたします。

水沢ダウンについた通常のシミ

水沢ダウンクリーニングの通常コースでも落ちるこちらのシミは主に

・一月以内についた汗のシミ

・一月以内についた食べこぼし

・一週間以内についた血液

等があります。これらは通常の水沢ダウンクリーニングで落ちることがほとんどです。大事なぽいんとはつけてからどのくらい経ったかです。これが古ければ古いほど落ちなくなります。逆に言うと新しければ多少大変なシミでも落ちる可能性があリます。大変なシミとは特殊なシミということです。

水沢ダウンについた特殊なシミ

こちらは水沢ダウンクリーニングではほとんど落ちないといっても過言では有りません。それはどんなシミかといういうと以下をご参照ください。

・ペン(ボールペン・水性インク・油性インク)等

・接着剤(瞬間接着剤・ボンド・)

・ペンキ

・古い血液

・古い油汚れ

・古い食べこぼし

・サビ

等です。シミはたくさんあるので、これ以外にもたくさんありますが、ポイントとしては古いか古くないかというところです。この部分が大きく別れてきます。シミは酸化といってシミがついてから時間が経てばたつほどシミと空気中の酸素が結びついて落ちないシミに変わってきてしまいます。そのため、古いシミをつけたままにしておくとほとんど落ちない汚れになってしまいます。全国のクリーニング組合のデータで見ると一月以上経過したシミは9割以上が落ちないシミに変わってくるということです。

水沢ダウンについてしまったシミはどうすればいい?

これはすぐに落とすことが鉄則です。これを放置していると、上にも書いたとおり、落ちないシミに変化して、結果特殊しみ抜き代も取られて高くついてしまうということになってしまいます。これはクリーニング屋の当社にとっても強くおすすめするのは、大変なシミがついてしまったと直感で感じたらすぐに水沢ダウンクリーニングをするということをしたほうがいいですよ。そうすれば余計や特殊しみ抜き代もかからなくて良くなりますし。しかし、早くても何でも落ちるということではなく、落ちないものもあります。

時間経過に関係なく落ちない特殊シミ

これはズバリ下記のものです。これらは早くついた遅くついたに関わらず落ちませんので注意が必要です。

・ペンキ

・接着剤系

・サビ

等です。これらは時間の経過に関係なくとても大変なシミ抜きになるため、お気をつけください。

水沢ダウンのしみ抜きでも染色することがあります。

これはしみ抜きによくある話ですが、どうしても落ちないシミというのが中にはあります。その場合は、一度生地の色を抜いてまたは変化させて、その後に染色してシミを消すといった技法もあります。この方法でよくPROSHOP HIRAISHIYAで行うのはウール製品です。ウールはしみぬきしても色が消えないで残ることがあるため、一度ギリギリまでしみぬし、その後色を加えて生地の色に近づけてわからなくするといったやり方になります。

水沢ダウンにシミが付いてしまったら

まずあわてないでクリーニング店にご相談ください。最適な対処法を紹介してくれることでしょう。そのときに知識がなくて適当にしみ抜きをご自分でやらないようにつよく願います。というのは、インク系でよくありがちですが、素人の方がまずやるのは水を使います。これをやってしまうとインク系は汚れ落ちがしづらくなってしまいます。これはインクの油性成分に対して水を使うことによって余計落としづらくしてしまうことがあります。それを知らずに行ってしまう人がなんと多いことか。PROSHOP HIRAISHIYAでも年間10名以上の方がやられてしまいますが、これを行うと余計落ちにくく、しかも跡が残ってしまったりします。そのため、あまりわからないシミに関しはプロのアドバイスを受けるのが一番です。しかし、プロも実際見ないと的確なアドバイスができませんので、一番はプロに実際見てもらい、お見積りを出してもらうことが一番です。ぜひとも快適な高級ダウンライフをお過ごしください。

水沢ダウンの撥水力はどの程度ですか?

水沢ダウンは元々撥水力が強いわけではないため、比較的水を通しやすいと水沢ダウンクリーニングをやっていて感じます。これは生地の特性上の問題だと思います。しかし、安心して下さい。

プロショップひらいしやの超撥水コーティングでカバーをオススメします。

水沢ダウンをプロショップひらいしやの超撥水コーティングで行うと、通常の10倍の撥水力が加わり、水や雪を通しません。プロショップひらいしやの撥水加工はどんなものかというと、全国の消防署認定を受けた撥水液を使って、特殊熱処理を生地の表面にコーティングし、がっちり撥水します。市販のスプレータイプの物とはワケが違います。しっかり撥水液に全体を濡らした後に熱処理で表面に行うのですから効き目が半端ないです。一点ずつ手作業でコーティング処理を行っております。そしてプロショップひらいしやの超撥水コーティングは何が違うかというと、通気性があるということです。一般に売られている撥水スプレーは通気性がほとんどないタイプで、着ているうちに体内が蒸れてくるといった現象が起ります。しかし、プロショップひらいしやの撥水加工は通気性があるため、蒸れるという心配がありません。こういった細かなこだわりはなかなか伝わりませんので、お伝えいたします。

水沢ダウンは良い製品ですか?

クリーニング屋さん屋さん目線からみて水沢ダウンをどう思うか書いてみようと思います。

PROSHOPHIRAISHIYAの水沢ダウンへの思い

水沢ダウンはデザイン的にかっこいいし、機能性も充実しているし、有名ブランドで日本製では最もメジャーだしと良いとこばかりです。通気性をよくするためにチャックがついているというのは日本が考える細かなサービスだなと感じます。海外製のモンクレール等ではないことです。また、変色をすると言うこともほぼ無いと思います。水沢ダウンを一言で言うならば、人工的な機能性とデザイン性兼ね備えた万能高級ダウンといったところでしょうか!

水沢ダウンの心配な所

PRO SHOP HIRAISHIYA目線で水沢ダウンに対して1つ心配なところといえば、シームレスされている部分(ボンドで粘っている縫い目の代わりにある部分)が経年劣化で剥がれないかというところです。粘っている部分は問題のポリウレタン樹脂を使っているので、時間が経つにつれてその部分が剥がれて、シームレス部分が取れてしまうことが危惧されます。当社でも過去に1度見たことがあります。そうなった場合は寿命です。これはシームレスの宿命という所です。これはポリウレタンの特徴で、ポリウレタン単体で作られた製品の場合は製造日より約三年でダメになりはじめます。その問題の製品がそのシームレス部分に使われているということで、必ずしも三年でダメになるというわけではないと思いますが、いつかはなるんじゃないかという心配は PRO SHOP HIRAISHIYA 的にはいつも心配で見ています。心配はそれくらいです。また、表面の素材は使うことに色はげしやすくなっているので、これもしょうが無いことだといえますが、経年劣化していきます。その時は染めるという方法もありますので、ご相談ください。

水沢ダウンクリーニングはどこに出せばいいですか?

水沢ダウンクリーニングはどこにだせばいいかという話です。ネット宅配、実店舗、色々ありますね。高い物ですから、量販店に出したくないと思いますよね。安い所だと、保証の心配とか様々あると思います。ではプロショップひらいしや目線でどんな所に水沢ダウンクリーニングを頼めばいいのかお応えしていきたいと思います。

近くにお店に実際に水沢ダウンクリーニングをお願いしに行く場合

近くのお店に水沢ダウンクリーニングを頼むというのはまず身近な方法だと思います。これは一番正攻法ですね。しかし、これには落とし穴がありますね。その店の経験がどれくらいだかわかりません。これはとても危険なことです。水沢ダウンのクリーニングはなにより経験が物を言いますので、もし経験のないところで、水沢ダウンクリーニングを頼むとダメになったり、保証をしてもらえず、しょうがないと返されかねません。というのは、あまり自分の所で経験のないところだと、あまり関わりたくないのが人間の心情です。もっというと、水沢ダウンは高級ダウンだから、当店では受けれませんというところもあります。これでは困りますね。なので、プロショップひらいしやのオススメとしては、そのお店がどのくらい経験があるか、HPやSNSの発信をみて確認してから言った方がいいのかなと思います。そういったのが無ければ実績のあるお店に頼んだ方が後々後悔は無いかと思います。

ネットで水沢ダウンクリーニングを頼む場合

これはプロショップひらいしやもそうですが、ネット宅配のダウンクリーニングはたくさんありますね。中には順位がしてあり、どこがオススメという比較サイトもあります。この比較サイトにはあまり左右されない方がいいです。これに載っている順位が高い会社は、そのサイトを作っている会社に頼んで自分の所を1位にしてもらえるようにして行っているケースがほとんどだからです。決して実績で1位をとっているわけではないけーすがほとんどなのです。こんなことかいてしまうとその会社さんに怒られてしまうかもですが、これが実情です。そのため、当サイトはそうった比較サイトさんの増して、順位づけしているところにはなるべく遠慮しております。これは高いお金を払ったところが優位になっているだけですので、そういったところに載ってもいみがないかなと感じてます。と話はそれましたが、どういったところへ水沢ダウンクリーニングを頼めばいいかという話ですが、これはずばり洗い方を乗せている、又はSNSで常に情報発信して、実績があるなと確信をもてるところへ出すことです。上にも述べましたが、たくさんの会社が載っている比較サイトは実績や実情は実際のところ不透明です。そのため、一番いいのがSNSでこまめにクリーニング模様を乗せているところがオススメです。

SNSで常に水沢ダウンクリーニングはじめ高級ダウンクリーニングをしている所を情報発信しているところが間違いない!!

ずばり、プロショップひらいしやのオススメは常にSNS等で高級ダウンクリーニングはじめ水沢ダウンクリーニングの模様を情報発信しているところが間違いないと断言します。これは嘘のつきようがありません。たくさん預かっているお店は常に情報発信して高級ダウンクリーニングの模様を乗せているところがほとんどです。プロショップひらいしやもそうしてます。

こうやって生きた情報を発信する!!

これがとっても大切だと思います。いくら、当店は凄い洗い方をしていますといったって、実際は委託して自分のところでクリーニングはしていない会社さんがネットの世界ではたくさんあります。当社のしるかぎり某大手サイトは全国のあちこちに委託して自分の所ではクリーニングしていないといった会社を知っています。こうなると、あまり真実みがありませんね。プロショップひらいしやは自分のところで100%水沢ダウンクリーニングをし、対応もすべてじぶんの所で行っております。それがとてもいいことだと思います。なので、嘘は書けません。そういったところがプロショップひらいしやとしてはオススメです。プロショップひらいしやで無くても水沢ダウンクリーニングを頼む場合は上記を参考にしていただいてご注文いただくと間違いないと思われます。それではよく水沢ダウンライフをお過ごし下さい。

水沢ダウンを保管する

こちらは大切なタ水沢ダウンを保管する方法をプロのクリーニング師がアドバイスしていきます。どのようにしたら水沢ダウンをベストな状態で維持できるかといった話をしていきます。

まずは 水沢ダウンクリーニングしてからが原則

水沢ダウンを保管擦る上でもっとも大切なのは、1度でも着た 水沢ダウンを保管する際は、 水沢ダウンを1度 水沢ダウンクリーニングするというのが原則です。これはなぜかというと、1度でも 水沢ダウンを着れば、当然汗や汚れが多少なりとも付着します。その状態で保管すれば、 水沢ダウンの変色や退色を起こしかねないからです。そのため、1度でも 水沢ダウンを着たならば 水沢ダウンクリーニングをしましょう。

水沢ダウン の保管場所

水沢ダウンの保管場所は、原則日陰で石油ファンヒーター等を使わない部屋で、しかも蛍光灯の明かりが当たらないところがベストです。これは石油は何らかの微量のガスを発生させますので、これが変色の原因になること、また、蛍光灯や日が当たるところも、紫外線により変色の原因になるのでなんとも避けたいところです。この2つを避けるだけでかなり違います。また、湿気がカビの原因になりますので、風通しの良いところがベストです。これは水沢ダウンに限らずすべての衣類に言える事です。

水沢ダウン を保管する上で使わない方がいい薬剤

こちらは意外との落とし穴になるのですが、防虫剤は危険です。これは上にも書きましたが、微量のガスを発生して衣類を守っています。※すべての防虫剤がそうではありません。そのため、このガスが変色の原因になります。なので、防虫剤もなるべく使わないようにしましょう。 水沢ダウンは虫が好む素材ではない方なので、そのままでも大丈夫の可能性が高いです。※ウールやシルク等の自然素材は除く。

PROSHOP HIRAISHIYAの 水沢ダウンクリーニングの特徴

水沢ダウンクリーニングをする上で、汗よごれをキレイにするだけではなく水沢ダウンクリーニングとセットで下記の機能がついているのがプロショップひらいしやオリジナル品質です。これは他にまねの出来ない水沢ダウンクリーニング方法だと思っております。

水沢ダウンクリーニングと+αでついているプロショップひらいしやオリジナル機能

  • 水沢ダウンクリーニングと一緒に99%除菌・殺菌効果がついている
  • 水沢ダウンクリーニングと一緒に静電気防止加工が付いている
  • 水沢ダウンクリーニングと一緒に簡易シミ抜きが無料で付いている
  • 水沢ダウンクリーニング時にAg銀イオン抗菌水使用し抗菌効果を高めている
  • 水沢ダウンクリーニングと一緒に超撥水加工が付いている

プロショップひらいしやでは水沢ダウンクリーニングと一緒に上記のような加工が無料でついています。(2020年12月18日現在)

この中で特に注目なのは、プロショップひらいしやオリジナル超撥水コーティング加工です。これは市販のスプレータイプのと比べものならないくらいの効き目になっております。

水沢ダウンダウンをプロショップひらいしやの超撥水コーティング加工すると

水沢ダウンをプロショップひらいしやの超撥水コーティングで行うと、通常の10倍の撥水力が加わり、水や雪を通しません。プロショップひらいしやの撥水加工はどんなものかというと、全国の消防署認定を受けた撥水液を使って、特殊熱処理を水沢ダウンの生地の表面にコーティングし、がっちり撥水します。市販のスプレータイプの物とはワケが違います。しっかり撥水液に水沢ダウンを全体に濡らした後に60℃熱処理で表面に行うのですから効き目が半端ないです。水沢ダウンを一点ずつ手作業でコーティング処理を行っております。そしてプロショップひらいしやの超撥水コーティングは何が違うかというと、通気性があるということです。一般に売られている撥水スプレーは通気性がほとんどないタイプで、着ているうちに体内が蒸れてくるといった現象が起ります。しかし、プロショップひらいしやで撥水加工を行うと、通気性があるため、蒸れるという心配がありません。こういった細かなこだわりはなかなか伝わりませんので、お伝えいたします。 水沢ダウンの撥水加工は 水沢ダウンクリーニングをし終わった後に行います。水沢ダウンクリーニング前にしてしまうとせっかくかけた加工が弱まってしまいます。そのため、撥水加工は 水沢ダウンクリーニングが終わった後に行います。これで雪や雨、汚れが付くのを防ぐことが出来ます。1年に1回撥水コーティングはオススメです。

水沢ダウンクリーニングは国家資格のクリーニング師 渡邊隆徳にお任せください

水沢ダウンクリーニングを今まで1,000点以上クリーニングしてきたからこそ、 水沢ダウンをどのようにすればどのようになるということを知っています。 水沢ダウンクリーニングはなんと言っても経験が物をいいます。その点、プロショップひらいしやは国家資格のクリーニング師、業界歴27年のプロ職人が2人以上います。一人は業界歴55年以上の超ベテランです。この経験は何者には代えがたいです。また、PROSHOP HIRAISHIYAは創業80年近くの歴史があります。これはほかのクリーニング店さんの追随を許さないものだと思っています。もちろん、長いからいいというわけではありません。ここまで続けられるのは、信頼と実績があるのは確かだということです。例えば、技術がなければ、進歩しませんから、途中廃業なども十分考えられるでしょう。そこを乗り越えているということは、衣類の素材が進歩する中でクリーニングの技術に関して、常に技術革新を行ってきたからここまで残れたと思っています。そのため、 水沢ダウンクリーニングの経験も多く、苦い経験から成功体験と様々 水沢ダウンクリーニングの経験をしているからこそ今があります。だから任せてほしいのです。

26年経験の国家資格のクリーニング師 渡邊

業界歴27年の国家資格のクリーニング師が 水沢ダウンクリーニングを専属担当しているから品質は安心です。また、経験は1000着以上の 水沢ダウンクリーニングを行ってきました。

プロショップひらいしやは創業78年の歴史がある クリーニング店

このれきしはなかなかありません。戦前の昭和17年より行ってきたクリーニングの歴史がプロショップひらいしやには詰まっています。そのため、品質保証、事故補償もお任せください。しっかり最後まで責任を持って 水沢ダウンクリーニングを行います。逆に言うと、自分で言うのもなんですが、しっかり責任をもって、品質を大切にしてきたから78年間も行って来れたのだと思います。なので、大切な 水沢ダウンクリーニングを出すのにお迷いなら是非ともプロショップひらいしやにお任せください。

水沢ダウンクリーニングをPROSHOP HIRAISHIYAへ出すと決心したあなたへ

ありがとうございます。 水沢ダウンクリーニングのご注文の仕方をここではご紹介いたします。まずは、PROSHOP HIRAISHIYAのHPにとんでいただき、ご注文の流れをみていただき、それからご注文を御願いいたします。下記がリンク先となっております。

https://downjacket.pro/

こちらよりお進み頂くと 水沢ダウンクリーニングの仕方が書いてあります。まずはご注文の流れを見ていただき、発送の仕方やお支払い方法をご確認ください。お読み頂ければおおよその流れがわかるようになっておりますので、是非ともよろしくお願いいたします。

水沢ダウンクリーニングは毎年出して常にキレイナ状態で着て頂きたいです。

PROSHOP HIRAISHIYAとしてのオススメは 水沢ダウンクリーニングはウェットクリーニングで汗よごれを落とし、常に毎年新鮮な状態で冬を過ごしてもらいたいと思っております。そのためには全国でも数少ない 水沢ダウンクリーニングをウェットクリーニングしているPROSHOP HIRAISHIYAにお任せ頂ければ幸いです。それでは