モンクレールクリーニングの代理修理について

2021.04.21

PROSHOP HIRAISHIYAで依頼を受けるのは高級ネットダウンクリーニングはじめモンクレールクリーニングやモンクレールダウンクリーニングだけではありません。中にはモンクレールクリーニングとモンクレールリペアだったり、モンクレールダウンクリーニングと修理だったり、モンクレールダウンクリーニングと染色だったりモンクレールクリーニングとモンクレール染め直しだったり、モンクレールクリーニングとモンクレールのしみ抜きだったりとモンクレールクリーニングやモンクレールダウンクリーニングとセットでお願いする方が大変多くなっております。モンクレールクリーニングやモンクレールダウンクリーニングをしていると感じるのですが、モンクレールは一生モノだったりするので、モンクレールクリーニングやモンクレールダウンクリーニングだけではなく、モンクレールを大切に末永く使うために皆さんリペアしながら大切に保管しながらモンクレールを着用されている方が多いのです。そのため、PROSHOP HIRAISHIYAでも当然、そういったお客様の声に答えるべく、大切な宝物としてモンクレールクリーニングやモンクレールダウンクリーニングを基本にモンクレールリペアやモンクレールクリーニングとモンクレール染め直し等を行っております。そのため、モンクレールはモンクレールクリーニングだけでなくモンクレールリペアを一緒に頼まれる方がおおいため、ここでそういったモンクレールの修理に関してお話していき、モンクレールをお持ちの方の参考になれれば幸いです。それではモンクレールクリーニングはじめモンクレールダウンクリーニングとセットでお願いする方が多いモンクレールリペアのお話、そしてモンクレールリペアの修理代行のお話をしていきたいと思います。

モンクレールの修理はどうされていますか?

モンクレールのボタンが壊れたとかモンクレールのファスナーが壊れたとか起こった場合はどうするか?皆さんならどうしますか?当社に依頼する方、モンクレールJAPANにお願いする方と様々だと思います。当社では基本、自分のところで修理は行っておりますが、どうしても当社で出来ない修理がございます。それは何かというと、モンクレール製品の部品が必要な修理に関しては当社では扱えないです。具体的にいうと、モンクレールのマークが入ったファスナーやモンクレールのマークが入ったボタン等を使った修理に関しては当社でその製品を持っておりませんため、モンクレール社に依頼してその部品を取り付けてもらうしかありません。そのため、そういった修理に関しては代理で当社がモンクレールJAPANににお願いする形になります。当社に来る修理の99.5%は自社で修理しておりますが、まれに上記に記したモンクレールJAPANに部品がどうしても必要なものに関しては依頼をかけていたりします。当社はそのモンクレールが一番いい形で治すのが目的ですから、何でも感でも自社ですればいいとは思っておりません。部品がなけば素直にお願いいたします。

モンクレールJAPANでもお直し出来ないものがあります

当社にモンクレールクリーニングと一緒に修理等をお願いされる方の中に、モンクレールJAPANさんではお直し出来ないと言われたと言って来る方もいらっしゃいます。それはどういった場合かというと、モンクレールの染め直しに関してです。これはPROSHOP HIRAISHIYAでしか出来ない技術ですので、本家のモンクレールJAPANさんでも出来ないものも染め直ししてお直しが可能です。また、それ以外にもモンクレールJAPANさんで出来ないと言われた修理も今まで何着か当社で修理を行い直してきた実績があります。そのため、モンクレールJAPANさんで断られたものでも諦めないでPROSHOP HIRAISHIYAにお持ちになってみてください。

PROSHOP HIRAISHIYAでは最適なご提案をいたします。

上記でも書きましたが、PROSHOP HIRAISHIYAではモンクレール製品を中心に考えますので、その製品にあった最適なお直し方法をお客様へご提案させていただきます。そのため、お困りの際は無料カウンセリング等を使ってどんどんご質問ください。見てみないとわからないものもありますが、写真等でできるだけ分かる範囲でお答えいたします。

同業者からの依頼も数多くあります。

PROSHOP HIRAISHIYAでは同業者のクリーニング店様からのご依頼も数多く受けております。その中にはモンクレールの染のご依頼から修理と様々あります。また、モンクレールを販売されているお店の方からお客様に頼まれて注文したといった方などさまざまな方からご依頼があります。ご安心してご注文くださいね。