• TOP
  • BLOG
  • ダウンのリペアに関して

ダウンのリペアに関して

2020.11.13

ダウンが痛んでしまってお困りの場合

ダウンは着用頻度が長かったり、ダウンクリーニングの回数をたくさん重ねたり、どこかに引っかけたりしてしまうとキズや破れてしまい、状態によっては中の羽毛が表に出てきてしまうと言ったことも起こりえます。モンクレール、カナダグース、水沢ダウン、タトラス、デュベチカ、ヘルノ、ナンガ、ウールリッチと様々なダウンのお直しが可能です。

これから当社のリペア実例を見ていただきますので、参考にご覧ください。

(水沢ダウンの穴のリペア依頼)
こちらのリペア方法は、他の部分より生地を切り取ってそれを穴が空いている部分から貼ってお直しいたしました。これをしたことにより、羽毛が出なくなったのと、同じ生地を使っているため、周りとの違和感が出ないのが良いところだと思います。

(モンクレールのワッペンリペア依頼)
お直し方法は、1度ほどいて縫い直し致します。さらに最近は強度を増すようにと、生地の周りに強力な接着剤をつけました。お直しは日々進化しております。

(モンクレールのウール素材の袖裏破れリペア)
こちらはリペア方法は、袖全体を1度ほどいて、再度縫い直してキレイに出来ました。
これをするとモンクレールは買った状態と同じようにわからない位の完成度お直し出来ます。

(モンクレールのほつれリペア依頼)
こちらは糸をつなげて修理可能です。料金は約1,500円

(モンクレールのチャック前たてリペア依頼)
こちらは一列縮めてお直しいたしました。
そうすることにより、モンクレールの穴がわかならくすることが出来ます。

(カナダグースの袖のリブリペア依頼)
こちらは部分縫いでほつれをお直しいたしました。
カナダグースのリブ部分は表面生地より出ている事があり、それが原因で引っかけてキズになるケースが多いです。

(モンクレール 全体染め治し前のマーク外し模様)
モンクレールの全体染めは、このように1度マークを外さないと一緒にそまってしまいますので、必ず外して染色いたします。

リペアの料金はいくら?

料金は上記をご覧頂ければご理解頂きますとオリ、直し方はそのメーカー、生地の種類、治す部分によってやり方は何通りかあります。

そのため、その素材にあった最高のお直し方をこちらでご提案させていただき、その金額にご納得頂いてからの作業開始となりますので、ご安心ください。

まずは見せていただいてからの料金ご提示になることをご了承願います。

リペアはダウンクリーニングとセットになります。

リペアはクリーニングと一緒とさせて頂いております。

クリーニング前にリペアし、その後クリーニングしておりますので、リペア中に汚れが付いてしまうと言うことはございません。

ご安心ください。